高梨沙羅:より良いスキーヤーになる

他のスポーツと同様に、スキーをするには多くの練習とレッスンが必要です。今日はスキーをせず、一晩でオリンピックチャンピオンになります。坂を下るときは、献身、正しい練習、正しい習慣の開発が必要です。 

楽しみやリラクゼーションのためにスキーをする場合でも、スポーツや競技のためにスキーをする場合でも、より良いスキーヤーになるチャンスは常にあります。高梨沙羅がその方法を紹介します。

  1. 自分の地形レベルでスキーをする

スキルを向上させるために、より高い地形レベルを試してみたいのは当然です。ただし、慣れ親しんだ地形や斜面でのトレーニングは、習得した新しいスキルを練習して試す絶好の機会になります。新しいスロープよりも、快適なスロープでバランスやテクニックを試してみるほうが簡単です。

十分に練習したら、ゲームをレベルアップして、より高いレベルの斜面で練習することができます。バランスがすべてです。快適なゲレンデで新しいテクニックやスキルを練習できます。

  1. スタンスを修正する

ほとんどすべてのスキーヤーが犯すエラーの1つは、後ろに傾いて間違ったスタンスをとることです。これにより、方向転換や後方への転倒が困難になります。正しい姿勢は、前かがみになり、スキーの前部に圧力をかけて、急降下、ジャンプ、ドロップの速度を制御し、膝の怪我を防ぐことです。

これは少しずつ解決する必要があるものですが、前進しやすくするために早めに開始することをお勧めします。

  1. 両方のスキー板に均等に圧力をかける

回転するときはことは避けられません 、内側のスキー板に圧力をかける。ほとんどの熟練したスキーヤーは、ほとんどすべての体重が外側のスキーにあり、内側はほとんど雪に触れないため、よりスムーズで滑らかなターンができます。

これを練習する1つの方法は、初心者のスロープに向かい、曲がり角を下る練習をすることです。毎ターン、できるだけ多くの回数、内側のスキーを持ち上げるようにしてください。毎ターン持ち上げられるようになるまで、一度に1つずつ作業します。

  1. 腰を使って曲がる

スキーをするとき、曲がるときに本能的に全身を動かすことがあります。 急な地形では、実際には腰から上向きに下り坂を向いた状態を保ち、曲がるときに下半身を動かす方が良いでしょう。これはあなたのトラクションとコントロールを改善するのに役立ちます。

  1. レッスンをスキップしないでください

学ぶべき新しいこと、練習するための新しいテクニック、そして試すべき新しいスロープが常にあります。練習することで、習慣が形成されます。インストラクターや専門家にフォームやテクニックをチェックして修正してもらうのは悪くありません。

あなたがするどんなスポーツや活動にとっても最も重要なことは、楽しむことです。急いで坂を滑り降り、ねじれたり曲がったりして、学んだテクニックを練習してください。スポーツをしているときも、友達と楽しんでいるときも、高梨沙羅のアドバイスがスキーヤーの向上に役立つことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Copyright (C) 2010-2021 takanashisara.com All rights reserved.