Info

高梨沙羅:実績

高梨沙羅は、これまでで最も成功した女性スキージャンパーであり、日本の誇りです。彼女は、このような若い年齢で56回のワールドカップ優勝を果たした唯一の選手として単独で立っています。 

コンペティション

注意:以下にリストされているコンペティションには、彼女の1位から3位の勝利のみが含まれています。詳細については、サイトに直接アクセスすることをお勧めします。

2010-2011シーズンシーズン

この中、サラはまだ子供だったので、一般の人々からそれほど注目されていません。それにもかかわらず、彼女は何とか国際的にいくつかの金メダルを獲得することができました。

2010年8月15日-FISサマーコンチネンタルカップ第2ステージ、ビショフスグリュン、ドイツ(1位)

2010年8月18日-FIS国際コンペティション、ペラック、ドイツ(3位)2月12日

2011年-FISコンチネンタルカップ第16ステージ、ザコパネ、ポーランド(2位)

2011/02 / 13-FISコンチネンタルカップ17thステージ、ザコパネ、ポーランド(2位)

2011/02 / 19-FISコンチネンタルカップ18thステージ、オーストリア(1位)

2011/02 / 20-FISコンチネンタルカップ19thステージ、オーストリア(1位)

2011-2012シーズン

これは、サラが総合優勝を確保するために最年少の個人になったシーズンでした。 Sは、彼が彼女の残りの2つのジャンプを使用することなく、FIS女子ワールドカップを獲得しました。

2011年11月29日-コンチネンタルカップオープニングステージ、フィンランド(3位)2012年1月8日-FIS

ワールドカップ第3ステージ、ドイツ、(2位)

ヒンターザルテン2012年1月14日-ユースオリンピック、インスブルック、オーストリア(1位)場所)

2月11日-FISワールドカップ第8ステージ、リブノ(2位)2月12日-FIS

2012年2012年ワールドカップ第9ステージ、リブノ(2位)2月23日-FIS

2012年北欧ジュニア世界スキー選手権、エルズルム、トルコ(1位)位)

2012年2月18日-チェコ共和国コンチネンタルカップリベレック、(32012年3月3日-FIS

ワールドカップ第11ステージ、蔵王(1位)

2012年3月4日-FISワールドカップ12位蔵王ステージ

(2位)日-FISワールドカップ第13ステージ、ノルウェー、オスロ(2位)

2012年3月9

2012-2013シーズン2013-2014シーズン中、サラはソチで開催された冬季オリンピックに参加し始めました。 、ロシア。彼女は驚くほどうまくいき、FIS女子ワールドカップを構成する18のイベントのうち15を獲得しました。

サラは、1シーズンで最も多くの勝利を収め、2年連続のワールドカップタイトルを獲得したことで、女子スキージャンプの記録を更新しました。

2012年11月24日-FISワールドカップオープニングステージ、ノルウェー、リレハンマー(1

位)-FISワールドカップ第2ステージ、ロシア、ソチ(2位)

2012年12月8日2012年9月12日-FISワールドカップ第3ステージ、ロシア、ソチ(3位)日

2012年12月14-FISワールドカップ第4ステージ、オーストリア(1位)1

2013年月5日-FISワールドカップ第5ステージ、ドイツ(1位)1日

2013年12月-FISワールドカップ第7ステージ、ドイツ、(2位)2

ヒンターザルテン2013年月16日-FISワールドカップ第13ステージ、リュブノ(1位)2013年2

月17日-FISワールドカップ第14ステージ、リュブノ(1位)年2

2013月24日ノルディックスキー世界選手権(1位)

日-国際様スキーゲーム(1位)

-FIS2013年3月3宮2013年8月3日-札幌市長杯サマージャンプ(2位)

2014-2015シーズンシーズンに

サラが次の進むにつれシーズン中、彼女はノルディックスキー世界選手権のいくつかのチームイベントに参加することを決めました。彼女のチーム は ことにませんでし タイトルを獲得する成功したが、それでも彼女はFIS女子ワールドカップで6勝を獲得し、で終了しました 総合2位。

2014年3月1日-FISワールドカップ第14ステージルーマニア、ラスノフ(1位)

2014年3月2日-FISワールドカップ第15ステージルーマニア、ラスノフ(1位)日

2014年3月8-FISワールドカップ第16ステージノルウェー、オスロ(1位)日(1位)1(1位)

2014年3月15-FISワールドカップ第17ステージスウェーデン、ファルン2015年月4日01/11

-全日本、MEGMILK SNOW BRAND Co.、 Ltd。カップ、北海道

/ 2015年ワールドカップ第3ステージ、札幌、日本(1位)2015年

-FIS2月7日-FISワールドカップ第9ステージ、ルーマニア、ラスノフ(2位)2月8日

2015年-FISワールドカップ第10ステージ、ルーマニア、ラスノフ(1位)

2015年2月15日-FISワールドカップ第11ステージ、スロベニア、リュブノ(1

位)スキーゲームノーマルヒル、日本(2位)

2015年3月6日-国際ミヤサマ2015年3月8日-国際ミヤサマスキーゲームラージヒル、 (2位)

2015年3月13日-FISワールドカップ第13ステージノルウェー、オスロ(1位)

2015-2016シーズン

この間、サラはFIS女子ワールドカップに参加し、17人中14人で1位になりました。 FIS女子ワールドカップのイベント。前シーズンのトップを逃したサラは、ついに3度目のタイトルを獲得した。

2015年7月25日-全日本ジュニア&レディースサマージャンプ、朝日、日本(1位)(1位)

2015年7月26日本でのサンピラー全国体育祭の記念2015年1

日-8月日-札幌市長カップサマージャンプ、、日本(1位)

宮野森2015年8月2日-札幌市長杯サマージャンプ、大倉山、日本(2位)

2016年1月9日-全日本、MEGMILK SNOW BRAND、Co.、Ltd。カップ、北海道(1位)1日

2016年月11-HBCカップ、北海道(1位)117日

2016年月-FISワールドカップ第5ステージ札幌、日本(1位)122日

2016年月-FISワールドカップ第6ステージ蔵王、日本(1位)

1日-FISワールドカップ第7ステージ札幌、日本(1位)

2016年月232016-2017シーズン

サラは再び北欧世界スキー選手権のいくつかのチームイベントに参加することを決定し、最終的に3位を獲得しました。これとは別に、彼女はFISスキージャンプワールドカップで個人として4年連続のタイトルを獲得し、53回目の勝利を記録しました。

2016年7月16日-グランプリフランス(1位)

2016年12月18日-吉田ジャンプカップ、ノルウェー、日本(2位)

2016年17日-ピヤシリなよろジャンプカップ、ノルウェー、日本(1位)

12月12 / 2016年11月-FISワールドカップ第4ステージ、ロシア、ニジニータギル(1位)日

2016年12月10-FISワールドカップ第3ステージ、ニジニータギル、ロシア(3位)3日

2016年12月-FISワールドカップ第2ステージ、ノルウェー、(1位)日

リルハンマー2017年3月12-FISワールドカップ19thステージ、ノルウェー、オスロ

(2位)3月5日-国際様スキーゲーム(2位)2

2017年宮2017年月26日-FISノルディックスキー世界チャンピオンシップミックスチーム、ラハティ、フィンランド(3位)日

2017年2月24-FISノルディックスキー世界選手権レディース、ラハティ、フィンランド(3位)日

2017年2月16-FISワールドカップ18ステージ、ピョンチャン、韓国(1位)

2017-2018シーズンシーズン

この中、サラは韓国で開催された冬季オリンピックで総合3位を獲得しました。これは、FISスキージャンプワールドカップでの彼女の55回目のキャリア勝利であり、これは、記録的ほとんどの個人的な勝利を収めたアスリートにとってな偉業です。

2017年8月19日-グランプリチェコ共和国(1位)

2017年11月5日-NHKカップジャンプ、オークラヤマ、日本(2位)

2017年12月3日-FISワールドカップ第3ステージ、ノルウェー、リルハンマー(3位)

2017年12月16日-FISワールドカップ第1ステージ(チーム大会)、ドイツ、(1位)12月17日

ヒンターザルテン2017年-FISワールドカップ第4ステージ、ドイツ、(3位)日

ヒンターザルテン2018年1月20-FISワールドカップ第2ステージ(チーム大会)、蔵王、日本(1位)1日1日

2018年月21-FISワールドカップ第8ステージ、蔵王、日本(3位)2018年月27-FIS

ワールドカップ第9ステージ、リュブノ、スロベニア( 3位)33

2018年月24日-FISワールドカップ第14ステージ、月25日ストドルフ(1位)

ノルウェー、オーバーストドルフ(1位)-FISワールドカップ第15ステージ、ドイツ、オーバー2018-2019

2018年シーズン

サラが参加したワールドカップの冬季オリンピックで、彼女は有名なノルウェーのマレンランドビーと長く激しい戦いを繰り広げ シーズンを通してスキージャンパーであるました。厳しい競争に直面したにもかかわらず、彼女はいくつかのメダルを獲得することができました。

2018年10月28日-第97回全日本スキー(1位)

2018年11月2日-札幌市長杯サマージャンプ、 、日本(1位)日

オークラヤマ2018年11月3-UHBカップジャンプ、 札幌、日本(1位) )

ワールドカップオープニングステージ、リレハンマー、ノルウェー(3位)年

2018年11月30日-FIS201812月16日-FISワールドカップ第6ステージ、ピュアマノン、フランス(3位)日

2019年1月5-60回目の MEGUMILK カップすべて日本スキージャンプ大会(2位)位)

2019年1月6日-第47回札幌オリンピック記念スキージャンプ大会(12019年1月18日-FIS

ワールドカップ第9ステージ、蔵王、日本(2位)年1

2019月19日ワールドカップチーム大会、蔵王、日本(3位)

-FIS2019年1月26日-FISワールドカップ第12ステージ、ラスノフ、ルーマニア(3位)3日-FIS

2019年2月ワールドカップ第15ステージ、ヒンゼンバッハ、オーストリア(2位)場所)

2019-2020シーズン

今シーズンのパンデミックにもかかわらず、サラはスキージャンプ大会への参加をやめませんでした。 彼女はまだメダルを袋に入れて、すでに印象的な記録を追加しました。

2019/07 / 26-グランプリコンペティションヒンターザルテン、ドイツ(1位)

2019/07 / 27-グランプリコンペティションヒンターザルテン、ドイツ混合チーム(2位)2019/08 / 09-

グランプリコンペティションクールシュベル、フランス(1位)

2019年8月25日-第31回 塩沢ジャンプ大会(11

位)9月日-第19サマージャンプ大会(1位)日

2019年回明子2019年9月14-FISコンチネンタルカップ、ノルウェー(1位)01/17

/ 2020-FISワールドカップ第6ステージ、蔵王、日本(2位)2020-

10/24 /第99回全日本スキー、白葉、日本(1位)、日本(1位)

10/25 / 2020-第18回SBCカップ、白葉場所)

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Copyright (C) 2010-2021 takanashisara.com All rights reserved.